dji POCKET3ジンバルカメラの口コミレビュー! dji POCET2との比較も

生活家電

※本ページはプロモーションが含まれています

Pocket

dji OSMO POCKET3の口コミレビューについてご紹介します♪

使い方についてもお話ししますね^^

dji OSMO POCKET3は「縦横に向きを変えられる大型スクリーンと手ぶれにも強い」のが最大の特徴です。

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

dji OSMO POCKET3の口コミ・レビューは、

  • 手のひらにも収まるポケットサイズ
  • 映像がきれい
  • 簡単にスマホにも転送できる

といったポジティブな意見がかなり多かったですよ♪

軽くてコンパクト、気軽に持ち運びできるので

  • 手ブレを抑える
  • すぐ撮りたいが叶う

が期待できます^^!

本文にて詳しくお話ししますね♪

dji OSMO POCKET3の口コミレビュー

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

dji OSMO POCKET3の口コミをご紹介します。

良いと感じた意見ばかりではなく、悪い口コミもしっかりと紹介していきますね。

ふみん
ふみん

それでは口コミを見ていきましょう♪

dji OSMO POCKET3の悪い口コミやデメリット

かなり口コミを見てみましたが、dji OSMO POCKET3の悪い口コミは「少し重い」「値段が高い」という点しか見つかりませんでした。

悪い口コミを正直にあるだけ全部紹介しよう!と思いましたが、これしかなかったです^^笑

重量は179gなのでiPhone15とほぼ同じくらいの重さです。

持ったりポケットに入れる分には気になりません。

肩より上にあげるような動画を撮っていると少し重だるいと感じがある程度かと思います。

金額は、74,800円なのですが、アクセサリーキットとセット購入すると10万を超える可能性があります。

画面も大きくて使いやすくなったことを考えると納得の価格と言えるかもしれません。

dji OSMO POCKET3の良い口コミ

続いて、dji OSMO POCKET3の良い口コミをご紹介しますね。

という口コミが本当にたくさん見られましたよ〜♪

  • 手のひらにも収まるポケットサイズ
  • 映像がきれい
  • 簡単にスマホにも転送できる

手のひらにも収まるポケットサイズ

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

画面が大きいので指先での操作も簡単に行えます。

サイズ:長さ 139.7x 幅 42.2x 高さ 33.5mm

重量:179g

画面サイズ:2.0インチ

対応SDカード: microSD(最大512GB)

▼推奨microSDカード▼

映像がきれい

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

夕焼け色に染まった淡い色も、透き通った澄んだ海の色も目で見る以上に美しさをそのままに色鮮やかな思い出を映像に残すことが出来ます。

Pocket3は、10-bit D-log M & HLG動画撮影に対応。

より広いダイナミックレンジを実現できます。

簡単にスマホにも転送できる

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

アプリと連動することで、スマホにも転送することが出来ます。

PCでの動画編集もしやすいのでプロユースや旅行の記録としても使えますね。

以上、dji OSMO POCKET3の口コミをご紹介しました!

POCKET2から進化したPOCKET3の口コミもよくて他に悪い口コミは見当たりませんでした。

悪い口コミとしては、重さに関するもので、数としてはかなり少なかったです。

個人的には、スマホで動画を撮るのは端末にも負荷がかかるので、動画が撮れるカメラはこれ一択なのでは?と感じましたよ♪

dji OSMO POCKET3で登山や運動会でも

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

旅系などのYouTuberの方も使用されていることも多いカメラです。

画面を回転させるだけで撮影を開始することができるのでチャンスを逃しません。

起動が早いことやSDカードに保存できて、すぐ編集などもしやすいことから登山や旅行が好きな方には特にオススメです^^

ふみん
ふみん

子供の成長記録にも良さそうですね。

dji OSMO POCKET3の機能や概要

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

次に、dji OSMO POCKET3について、ここまででご説明しきれなかった機能や概要について、全て解説しますね♪

ポケットジンバルカメラ

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

映したいものに一瞬でフォーカスできるので、まるでプロのカメラマンのような撮影を行うことができます。

「ジンバルカメラ」とは

大きな動きに対応出来るジンバルは、撮影者や被写体が動き回るような撮影に向いています。

手ブレを補正することができるので登山のような歩きながらの撮影などに適しています。

プロのカメラマンでもブレてしまう条件であっても左右の傾き補正をすることを得意としています。

カメラワークも自在

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

POCKET3は、高速フォーカスなので素早く正確に被写体の焦点を合わせることが出来ます。

散歩先で元気に走りまわる子供やペットもブレずに捉えることができます。

  • 顔自動検出
  • ダイナミックフレーミング
  • ベーシック

などの機能があるので、常に主役をロックオンしてくれます。

普通にカメラを握った状態で動いても、被写体がフレームの中心にくるので取り損ねることもないから安心^^

音もクリアだから外付けマイク不要

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

POCKET3は、マイクを3つ内蔵しています。

全方向を対象にステレオ録音に対応。

コンサートのような人混みの多い場所でも、正確に音を認識して没入感あふれる音声を収録出来ます。

登山のログを撮ったり、車載カメラとしてもクリアに録音できるので活躍の範囲が増えることが期待できます。

POCKET3は、ウェブカメラとしても使えるのでライブ配信にも対応しています。

縦も横にもできる回転式2インチスクリーン

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

画面を回転することで起動ができるので、起動した時点で録画をすぐ開始することが可能です。

  • スピンショット
  • モーションプラス
  • デジタルズーム
  • パノラマ撮影

などの動画方法もタッチパネルで選択できます。

薄暗い場所でもスマホよりキレイに撮れる

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

1インチCMOSセンサーになったことで低照度の性能が発揮されたこと。

夜景撮影やイルミネーションの撮影の設定がしやすくなったことが、かなり効果的とも言える性能になります。

ふみん
ふみん

夜景はスマホだと限界あると感じて

いたので、かなり欲しいです!

dji OSMO POCKET3付属品紹介

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

充電は本体にUSB-Cケーブルを差して充電します。

たった16分で80%まで充電することができます。

この状態で最大2時間撮影可能。

急速充電なのに長時間駆動できるんです^^

軽くてバッテリー持ちもよくコンパクト♪

持ち運びしやすいキャリーバッグ付き

POCKET3の電源を切るとカメラが収納されて自動ロックがかかります。

特に激しい使い方(濡らしたりなど)をしなければアクションカメラよりもこのdji OSMO POCKET3をオススメします!

dji OSMO POCKET2との違い

画像をクリックすると楽天にリンクしています。

dji OSMO POCKET2の大きな違いは、3つあります。

  1. 画面のサイズが大きくなった
  2. 短時間で充電してすぐ使える
  3. 16:9の解像度対応した縦横比率

POCKET2の金額は、5万弱です。POCKET3の半分で購入できるので、画面のサイズなどにこだわりがないようであれば、こちらもオススメです。

dji OSMO POCKET3の口コミレビューのまとめ

以上、dji OSMO POCKET3の口コミレビューや使い方についてお話ししました♪

動画を撮影したり編集したりすることが容易になってきた革新的なジンバルカメラですので、これ一択で良いのでは?!と感じます^^

とにかく効果や使いやすさに満足している口コミが多かったです。

最後までお読みいただきありがとうございます^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました